This is also because of your help.(ありがとうございます。これもお力添えをいただいたからです)」 このたびは、 様よりお褒めのお言葉を頂戴いたしまして、 まことにありがとうございました。 いつも一生懸命に業務に取り組んでいることを 様に 目に留めていただいたことで、従業員一同、 さらにやる気をもって仕事に励むことができそうです。 人を労う気持ちは大切です。労う気持ちは、そのまま「労いの言葉」として相手に伝えないと、相手にわかってもらえません。しかし、「労いの言葉」を迂闊に使ってはいけない場合もあります。本記事では、労いの言葉の使い方とすぐ使える例文をご紹介します。 That is kind of you to say so, but it was really a joint effort by everybody. 例えば、「昨日先に資料を用意してくれたおかげで、スムーズに進みました。さすが、○○さんですね」といったように、好感を与えてくれるような言葉を取引先から受けることによって、仕事への自信もつきます。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); © Shogakukan Inc. All rights reserved. 〇〇(ユーザー名)様 . とはいえ、ただ「ありがとう」では事務的な印象を与えかねません。言い方によっては「ありがとう」が「当然です」という印象にも聞こえてしまう可能性があります。「ありがとう」や「ありがとうございます」など、一言で終わらせないことが大切です。, 「お褒めの言葉」の返答として、ベストなのは「ありがとう」という感謝をこめて、かつ謙遜や卑下の表現を使わないものがいいでしょう。 取引先や上司などから「お褒めの言葉」を受けたとき、どのように返信していますか?日本人の多くは、謙遜や自分を卑下した表現で返答してしまうことが多いですが、それはベストな返答とはいえません。そこで今回は、お褒めの言葉に対する返答の仕方について詳しく解説します。, お客様や取引先、先輩や上司から「お褒めの言葉」をもらったときに、どう返答すればいいのか困った経験がある方も多いのではないでしょうか。 しかし、せっかく褒めてくれたのに「そんなことないです」と言ってしまっては、褒めてくれた人の言葉を否定していることにつながります。 また、「私なんてとんでもない」など、卑下した言い方をしてしまうとかえって失礼に当たるので、謙遜や卑下した返答をするのはやめましょう。, 謙遜や卑下した表現を使わないからといって、「褒められて当然だ」という返答も適切といえません。「お褒めの言葉」を否定するのではなく、「ほめてくれてありがとう」という気持ちを込めて返答するのが理想的です。 「Thank you for your words. 返答や、メールでの返答の書き方としては、お礼と少しの謙遜を込めた言葉がベストな返答といえます。この記事を参考に、相手から褒められた場合に適切な方法で返答する方法を身につけましょう。, 子どもが大きくなりフリーのWEBライターを始めて早数年。自分の語彙力のなさを持ち前の探求心でカバーし、日々奮闘中です。子育て・教育・生活・お寺・婚活・クレジットカードなどさまざまなジャンルの経験を活かしつつ、役立つ情報を正確にお届けします。. お褒めの言葉をいただく……おそらく褒めてくれた相手は、取引先などお客さまか、社内では上司ですよね。, しかし、接客業に限らず、関わったお客さまからお褒めの言葉をいただいた場合、その返答というのは非常に重要。返答が悪かったら、かえってマイナスになってしまうことも。「ありがとうございます」でいいんでしょうかな、なんだか生意気な感じがしちゃうかな、謙遜すべきなのかな……。そう迷ってしまう人が多いのではないでしょうか?, お褒めの言葉をいただいて、何も返事をしないのは失礼ですし、返事の仕方が悪いと、相手の気を害さないとも限りません。お褒めの言葉に対する返答のマナーを考えてみましょう。, 謙遜は日本人の美徳とも言われますが、人に褒められて反射的に「そんなことはないです」と否定してしまうのは、却って失礼にあたり逆効果。, 過度な謙遜や卑下は、せっかく美点を見つけてくれた相手を否定することと同じ。また、「たまたまです」などと言うのは、「えっ、まぐれなの? 褒めて損した」と思われかねず、これもいい返答とはいえません。, 謙遜もダメで当然もダメならどうすりゃいいんだ……そう思われるかもしれません。本当に、お褒めの言葉の返答は難しいのです。, 接客業の場合は、言葉で直接言われることが多いでしょうけど、そんなとき、「努力しているのだから、褒められて当然」みたいな態度を取ってしまっては、印象がよくありません。笑顔でさりげなく返事をしましょう。, 「ありがとうございます」……お褒めの言葉をいただいたときの定石とも言えるひと言ですが、それだけで終わらせてしまえば、素っ気ない感じがして、せっかく褒めてくれた相手もガッカリするかもしれません。, 「もったいないお言葉です」と添えたり、あるいは「とても光栄です」「嬉しく思います」などと気持ちを表わす言葉を加えたりしてもいいでしょう。「身に余る光栄です」というのは、よく聞く返答の言葉ですね。, 仕事はチームプレーで行うことが多いもの。自分の実力で行ったものであっても、上司や会社を立てることによって、謙遜している様子が伝わり、好感度が増すでしょう。, 自分が行ったことに対して、手助けしてくれた相手からお褒めの言葉をいただいた場合には、必ず相手の手助けを感謝するような言葉を加えましょう。上司や先輩から褒められた場合には、この返答がおすすめです。, 褒めたことによって、さらに高みを目指すことを伝えることで、相手も褒めて良かったと感じられます。その他にも、「これからも頑張ります」「モチベーションが高まりました」などがあります。, 日本語だろうと英語だろうと、「ありがとう」つまり「Thank you」だけでは、素っ気なく感じられてしまう可能性も。えっ、英語が苦手? では、それに続くフレーズをしっかり覚えておきましょう。, Thank you for your compliment.(褒めて下さり、ありがとうございます), 「compliment」は「称賛」という意味。代わりに「褒める」という意味の「praise」を使って「Thank you for praising me.」という言い方もあります。.